Array

このエントリーをはてなブックマークに追加

配列を取り扱うArrayオブジェクトのメソッドの一覧です。

  • reduceRight()
    Array.reduceRight()は各配列に対してコールバック関数で直前のコールバック関数の結果を含めて計算することができるメソッドです。
  • reduce()
    Array.reduce()は各配列に対してコールバック関数で直前のコールバック関数の結果を含めて計算することができるメソッドです。
  • some()
    Array.some()は配列の項目がコールバック関数でしていした条件に合っているかどうか精査するメソッドです。
  • map()
    Array.map()は配列の各要素に対して処理を加え新しい配列を作成するメソッドです。
  • every()
    Array.every()はすべての配列が条件に合っているかどうか精査するメソッドです。
  • lastIndexOf()
    Array.lastIndexOf()は引数と一致する最後の配列のインデックス番号を返します。
  • indexOf()
    Array.indexOf()は引数と一致する最初の配列のインデックス番号を返します。
  • filter()
    Array.filter()は配列から特定の条件のものを取り除いた新しい配列を作成できるメソッドです。
  • Array.isArray()
    ArrayオブジェクトのisArrayメソッドは配列化どうかチェックするメソッドです。
  • toString()
    ArrayオブジェクトのtoStringメソッドは配列の中身をカンマ(,)で結合してstringオブジェクトを返します。
  • forEach()
    forEachメソッドは配列をループさせるメソッドです。
  • splice()
    Arrayオブジェクトのspliceメソッドは配列の特定の位置の値を削除、置き換えする為のメソッドです。
  • unshift()
    Arrayオブジェクトのunshiftメソッドは配列の冒頭に新しい値を追加し、新しい配列のlengthを返します。
  • sort()
    Arrayオブジェクトのsortメソッドは配列をソート(並び替え)することができるメソッドです。
  • slice()
    Array.sliceメソッドは配列から特定の順番の配列を取得します。
  • shift()
    shiftメソッドは配列から最初の値を取り除き、取り除いた値を返します。
  • reverse()
    reverseメソッドは配列を逆順にします。
  • push()
    pushメソッドは配列の最後に新しい値を追加し、新しいArrayオブジェクトのlengthを返します。
  • pop()
    popメソッドは配列から最後の値を取り除きその値を返します。
  • join()
    joinメソッドは配列の結合を行うメソッドです。
  • concat()
    concatメソッドは複数の配列を連結した配列を返すメソッドです。
  • length
    lengthプロパティは配列数を保持しています。

検索

スポンサードリンク

バージョン

リファレンス